結婚式や入学式のお祝いに!祝電サービスを比較形式でご紹介!

トップ > 結婚式や入学式で電報を利用するコツ > 結婚式への祝電を手配する場合の宛先

結婚式への祝電を手配する場合の宛先

電報は結婚式だけでなく入学式や記念パーティーに出産祝いなど、様々なお祝い毎に合わせて手配することで自分のお祝いする気持ちを伝えることができます。
では実際に祝電を手配する場合には、必要な情報がいくつかあります。
その中の1つとして宛名がありますが、入学式や記念パーティーなどはお祝いをする個人の名前を宛名にすることが可能です。
ですが結婚式の場合は新郎と新婦がいるため、どのような宛名にしたらよいのか迷う場合もあります。
結婚式に送る祝電の場合は自身の関係が深いお祝いすべき新婦か新郎の片方の名前を宛名にして問題はありません。
また逆に新郎新婦の両方の名前を連盟で宛名にすることも可能となります。
新郎新婦と面識がなくご両親との面識という事であれば、あくまでも面識のある方への名前を宛名として記載すれば問題はありません。



お祝いの言葉を込めて祝電を送りましょう

いろんなお祝い事がありますが、その際にお祝いの言葉を述べることがあります。
個人からの言葉であったり、企業からのお言葉でもあったり、関連する人達からのメッセージであったりとします。
その中でも、遠方で来られない事情があって出席ができないというのであれば、祝電を送って気持ちを伝えましょう。
短い文章の中に、心のこもった言葉を述べることで、その人への気持ちを伝えます。
今では、祝電と一緒にぬいぐるみやブリザードフラワーに小物といったものなどを送ることができるようになりました。
メッセージだけでなく、言葉に添えてお祝いの品を送ることができます。
インターネットで簡単に申し込みができますから、時代とともに便利になりました。
お祝いの言葉を伝える大事な祝電は、いつまでも心に残りそして手元にも残ります。
そして、その時のことがよみがえります。



祝電の名前だけは間違えてはいけない

結婚披露宴の司会者は、プロに依頼しないといけないと言うわけではありません。
友人に依頼するのもOKです。
しかし、ただの飲み会の進行役ではないので、色々なことに気をつけなければいけません。
たとえば、祝電は内容も大事ですが、誰からなのかが重要になってきます。
極端なことを言えば、招待客は名前さえ知れればいいので、名前を間違えることだけは避けなければいけません。
祝電は前日までに確認できるものではないです。
会食時間などを利用してしっかり確認しておきましょう。
そして、名前を読み上げる練習をすることです。
プロの司会者でないのなら、きちんと練習をすることが大事になります。
ちなみに、祝電は原則として全文読み上げるのが望ましいです。
しかし、時間の都合上、または電報の数などによって臨機応変に対応しなくてはいけません。

次の記事へ

カテゴリー