結婚式や入学式のお祝いに!祝電サービスを比較形式でご紹介!

トップ > 結婚式や入学式で電報を利用するコツ > 祝電を送る際は送り先や日数などを確認しよう

祝電を送る際は送り先や日数などを確認しよう

電報は昔から多くの人が活用しているサービスであり、様々なお祝い毎の際に利用できる祝電はお祝いの言葉を変わりに伝えることができます。
様々な理由で直接お祝い毎に参加できない時に活用できるので、多くの人が利用しています。
では実際んい利用する場合ですが、確認しておくべきポイントがいくつかあります。
まずは送り先となる場所への確認になります。
結婚式や入学式といった場合であれば、祝電自体は式の当日に会場に届くように送ることが大切になります。
それ以外に出産祝いで病院へ送ったり記念日であればパーティー会場やお店に送ることになります。
お売り先によっては電報を受け取ってもらえない場合もあるため、事前に送り先へ確認しておくと安心です。
それ以外に届くまでの日数などもしっかり確認しておくことが重要です。
電報はメッセージカードを贈りますが、それ以外に商品や花束などを贈ることも出来ます。
その場合に日数がかかる場合もあるので、当日に間に合うかどうかを事前に確認するようにします。



祝電を送る際の氏名の書き方とポイント

電報というサービスは多くのお祝い毎で活用されいてるサービスであり、特に祝電は結婚式や誕生日に入学祝など様々なお祝い毎に使用されます。
直接お祝いを伝えられない時に、自分の変わりにお祝いする気持ちを伝えることが可能です。
では実際に電報として祝電を送る際に、受取人と差出人の氏名を書く必要があります。
特にメッセージ本文の中に氏名をいれる場合は、送る自分自身との関係によって工夫することが可能です。
受取人が自分ととても親しい間柄や気心知れた相手であれば、あだ名を使用したりくだけた呼び方を使用しても問題はありません。
特にあだ名を使用するとより自分との関係を強調するだけでなく、気持ちをストレートに伝えることに繋がります。
逆に送り状に記載する氏名に関しては、しっかりフルネームを記載する必要があります。
配達する第三者の方が見る為、しっかりフルネームを記載し必要であれば会社名や部署名などを記載するとよりわかりやすいです。



結婚式への祝電はいつまでに送ればよいのか

電報は自分の気持ちを変わりに伝えることができるサービスであり、様々なお祝い毎やお悔やみ毎で活用されています。
依頼する方法としては直接電話で依頼することも可能ですが、最近ではインターネットを活用することでパソコンやスマホなどを利用して24時間好きな時に依頼することが可能です。
では実際に結婚式へのお祝いを伝えるために祝電を送る場合ですが、気をつけるべきポイントとしていつまでに送ればよいのかという点があります。
基本的に電報自体は早めに手配をする事が可能となっているので、披露宴に間に合うように贈ることがポイントになります。
午前中が披露宴の場合は披露宴が行われる日の前日には式場に届くように手配をします。
ただし届く日によって式場が休みといった場合も予想されるので、事前に式場に確認しておくようにします。
披露宴が午後の場合は、午前中までに届くように手配します。
最低でも披露宴の1時間から2時間前には届くように手配すると安心です。

次の記事へ

カテゴリー