結婚式や入学式のお祝いに!祝電サービスを比較形式でご紹介!

トップ > 結婚式や入学式で電報を利用するコツ > 祝電を送る際の宛先や宛名のマナー

祝電を送る際の宛先や宛名のマナー

電報を使うことは、近年ではほとんどなくなりましたが電報の存在がなくならないことからもわかるように、利用する機会がやってくる場合もあります。
利用するシーンの一つに冠婚葬祭時である結婚式があげられます。
結婚式で使われる電報のことを祝電と言い、参列できない時に使うことになります。
ただ送れば良いというものではなくマナーには十分気をつけておかなくてはなりません。
その中でも宛名や宛先に間違いがないように気をつけておきましょう。
宛先は披露宴会場となるので、日時と会場をしっかり確認しておく必要があります。
宛名は新郎新婦どちらか一方の名前のみで問題はありません。
新婦宛の場合には、旧姓を使うのが一般的ですが結婚式より先に入籍している場合には、旧姓では適していないこともあるので確認して、どちらが良いのか確かめておきましょう。



祝電の台紙選びのポイントと注意点とは

結婚式にゲストとして参列することができず、お祝いの気持ちを伝えたいという時に適しているのが祝電です。
日頃送る機会がないものだからこそ、いざ送るとなればメッセージ内容など頭を悩ませることが多くなるのではないでしょうか。
その中の一つであり、受取手に与える印象を左右することになる重要なポイントが台紙です。
最も基本となる台紙は無料ですが、それは緊急を伝える時に使うものでありお祝いの際には適しているとは到底言えません。
お祝い時には、華やかな台紙を選ぶようにしておきましょう。
近年では台紙ではなくぬいぐるみや花束とともに送ることができるものなど、様々なスタイルになっており個性を出すことができ、プレゼンにもなるのでより喜んでもらうことができます。
ギフト付きのものは好みも別れるので、相手の好みに合わせておきましょう。



祝電を利用するシーンとメリット

現在日本ではあまり使われることがなくなった電報ですが、冠婚葬祭時など改まったシーンでは今でも利用されています。
その一つでありお祝い事に送る電報のことを祝電といいます。
主に利用されるシーンといえば結婚式ではないでしょうか。
結婚式に招待されていて、都合がつかずに出席できない場合には祝電でお祝いの気持ちを伝えることにより改まった気持ちを伝えることができます。
結婚式だけではなく入学式や卒業式、出産を始めとした人生の節目となるおめでたいイベントでは祝電を利用することで気持ちを伝えやすいというメリットがあります。
日常的な行事として母の日や父の日、誕生日などで利用するという人が増えました。
ギフト付きの電報など、様々なタイプのものが増えたことにより電報は今後再び普及していくことになるということは、間違いありません。

次の記事へ

カテゴリー