結婚式や入学式のお祝いに!祝電サービスを比較形式でご紹介!

トップ > 結婚式や入学式で電報を利用するコツ > 祝電の送り方や申し込み方法とは

祝電の送り方や申し込み方法とは

結婚式を始めとしおめでたいシーンで利用することになるのが電報である祝電です。
日頃送ることがあるものではないということもあり、いざ送るとなれば送り方がわからないという人が大半ではないでしょうか。
申し込み方としては、電話やFAXはもちろんのこと近年ではインターネットからの申し込みも可能となっており、二十四時間好きなタイミングで申し込むことができるので気軽に利用できるようになりました。
メッセージ内容で悩むことになりますが、文例があるので文例を引用すればマナー違反な内容になってしまうということもありません。
しかしその際には、文例だけでは味気ない内容に思われてしまうことになるので、一言自分の言葉でメッセージを添えるようにしておきましょう、メッセージ内容でマナー違反とならないように十分気をつけましょう。



祝電を送る際に気をつけておくべき点

おめでたいシーンで利用することになる電報のことを祝電といいますが、祝電を送る機会といえば結婚式をイメージする人が多いのではないでしょうか。
しかし結婚式以外にも、入学式や卒業式、出産祝いなどおめでたいシーンで利用することができます。
送る際には届け先と配達日時を相手の都合に合わせる必要があります。
結婚式となれば披露宴会場に送れば必ず受け取ってもらえますが、出産祝いなどで病院に送るとなれば、場所によっては受け取ってもらうことができないケースもあるのでよく確認してから手配するようにしておきましょう。
受取人と差出人の名前は、送り状とメッセージ本文では違いがあります。
メッセージ本文ではあだ名や砕けた呼び名を使っても問題はありませんが、送り状は配達に使われることになるのでフルネームにしておくようにしましょう。



祝電をインターネットで申し込む利点

現在日本では電報を利用する機会は、日常ではほぼないと言っても良いのではないでしょうか。
しかしそんな今の時代でも、電報を利用することはあります。
その一つに結婚式の祝電があります。
もちろん結婚式以外でもおめでたいシーンで、改まったお祝いの気持ちを伝えたいという時に利用することができます。
申し込み方法として、電話もありますがオリジナルのメッセージを口頭で伝えることは恥ずかしいと考えるのは当然のことではないでしょうか。
その際に役立つのがインターネットを使った申し込み方法です。
長文になっても入力するだけなので時間をかけてゆっくりと文章を考えることも可能です。
祝電は文例も準備されていますが、オリジナルの文章にしておいたほうが気持ちも伝わりやすいので、マナーに気をつけながらオリジナルの文章を送るようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー