結婚式や入学式のお祝いに!祝電サービスを比較形式でご紹介!

トップ > 結婚式や入学式で電報を利用するコツ > 祝電におすすめの電報台紙

祝電におすすめの電報台紙

結婚式をはじめとしたおめでたいシーンで利用する電報を祝電と言いますが、日頃電報を使うことはそう頻繁にあることではなく、マナーでわからないことがあるのは当然のことです。
近年では電報を扱っている業者もかなり多くなっており、それぞれ特徴にも違いがあります。折角電報を送るならば、少しでも受け取り手に喜んでもらえる物にするべきです。
受け取った際の印象を左右する重要な役割を果たすものといえば、やはり電報台紙ではないでしょうか。友人や同僚など身近な女性に送る場合には、キャラクター物などの可愛い台紙を利用すると喜んでもらうことができるので、シンプルなものよりも華やかなものを選ぶようにしておきましょう。

大人の女性や上司に送る電報の場合には、いくら祝電といっても可愛らし過ぎるものは避けておくべきです。
高級感があり刺繍や押し花があるものにしておくべきです。ラインストーンや花をモチーフにした台紙ならば、華やかでありながら高級感も演出することができます。台紙の中には、写真たてとしてその後利用することができるようになっているタイプのものもあり、写真たてならば毎日見るので幸せだった瞬間のことを振り返ることもできるというメリットがあります。

友人や同僚で男性に送る祝電の場合には、可愛いものや高級感のあるものを選ぶよりも、面白いデザインを選んでおくと喜んでもらえることが多いです。
巻物になっているタイプの台紙の電報もあり電報らしくない珍しさから、嬉しいと感じる男性は多いです。男女ともにサプライズ性のあるタイプのものは喜んでもらうことができるので、ポップアップ電報にしたりメロディが流れるものも良いのではないでしょうか。ビジネス関係の相手に送る電報の場合には、和風で高級感のある台紙を選んでおくと間違いがありません。
しかしその際には、地味になってしまわないように華やかなデザインやゴールドといったカラーを選ぶようにしておきましょう。電報の台紙と一口に行っても、近年では様々なデザインのものがあり台紙で個性を出すこともできる時代となりました。
豪華で高級感があったり、工夫が多い台紙となればその分値段も高くなりますが、おめでたい特別なシーンだからこそより良いものを利用することをおすすめします。送る相手のことをよく考え、関係性に合わせた台紙を選ぶようにすることで、より改まった祝いの気持ちを伝えることができるようになるのではないでしょうか。

カテゴリー