結婚式や入学式のお祝いに!祝電サービスを比較形式でご紹介!

トップ > 結婚式や入学式で電報を利用するコツ > 多様化をする祝電をチェックする

多様化をする祝電をチェックする

電報は廃れていると考えている人もいるでしょう。
今はメールがあるので、わざわざ電報を利用する機会が減っています。
しかし結婚式や葬儀の際にはやっぱり必要です。
結婚式に祝電を打つこともあります。
披露宴で読み上げられることもあります。
何もないと寂しい気持ちにもなってしまうでしょう。
最近では祝電もバリエーションが豊富になっています。
バルーン電報があり、ハートの風船とともにメッセージを送ることもできます。
もちろんハートだけではありません。
お祝いの種類に合わせて選ぶこともできます。
専門の通販サイトがあるので、インターネットで簡単に申し込みを行うことが出来るようになっています。
いくらぐらいのものを選ぶのかということもしっかりと考えて選ぶ必要があります。
メッセージも自分で考えて送ることが出来るようになっています。



祝電を届ける時には台紙にプラスして送る

友人から結婚式の招待状が届いたのはいいですが、仕事の関係上、どうしても出席出来ない時に、せめて祝電を送りたいという方もいらっしゃいますね。
電話でも送ることが可能ですが日にちがわかってることから、ネットを利用される方がほとんどです。
ネットには数多くの種類から選べるので、二人が喜びそうなものを送ることが出来ます。
結婚式ですので華やかなものから、大人として落ち着いた感じの台紙まであるのですが、多くは祝電だけでなく台紙にプラスして送られる方もいらっしゃいます。
披露宴会場に届くようにすることが肝心ですので祝電を送られる場所を間違えずに、ネットで注文することです。
披露宴が始まってしまってからでは、結婚される二人が届いた電報を選ぶ時間がなく、名前を紹介されることがなくなるので、開始時間の1時間前には、届けてもらえるようにすることが大切です。



祝電の内容や送り方と注意点とは

現在日本では電報を送る機会はほとんどなくなり、身近な存在には感じていないという人が多いのではないでしょうか。
そんな今の時代でも、冠婚葬祭時など改まった気持ちを伝えるシーンに参加できない場合には、電報を送ることがあります。
その一つでありおめでたい時に使うのが祝電です。
主に結婚式に参列できない際に用いられるものであり、お祝いの気持ちを伝えるためには適した方法と言えます。
しかし祝電を送る際には、マナーには十分気をつけなくてはなりません。
忌み言葉を使わないようにしたりと、メッセージ内容に気をつけるのはもちろんのこと送るタイミングも重要になってきます。
あまりに早く届けすぎるのも問題ですが、披露宴が始まるギリギリや始まってから届くようでは迷惑となってしまうので、余裕を持って届けてもらうように手配しておきましょう。

次の記事へ

カテゴリー