結婚式や入学式のお祝いに!祝電サービスを比較形式でご紹介!

トップ > 結婚式や入学式で電報を利用するコツ > おめでたいときには祝電を贈りましょう

おめでたいときには祝電を贈りましょう

入学式や卒業式、結婚式、授賞式など、おめでたいことがあったら、そんなときは祝電の出番です。
おめでとうの気持ちを電報に乗せ贈りましょう。
イマドキの祝電にはとっても色々な種類があります。
キャラクターのデザインや、ぬいぐるみがついたもの、花束がセットになったものなど、非常にバリエーションが豊かなので老若男女いろいろな方に贈ることができます。
お祝いのメッセージのみならず、お部屋や結婚式場にそのまま飾ることができるような華やかなタイプもあります。
とくに、バルーン電報は見た目がお祝いにピッタリですので、おすすめの一点です。
祝電に不可欠なお祝いのメッセージについては、基本的には自由で心からのお祝いの気持ちをしたためればOKですが、文章力にあまり自信のない場合はインターネットで文例を検索してみると参考になりますよ。



お祝いの気持ちを祝電で伝えよう

親戚や友人の結婚式に参加できない時、祝電を送ってお祝いをする方法があります。
メールや電話で伝える方もいますが、メッセージとして渡す事で心のこもった気持ちを伝える事が出来ます。
最近ではメッセージに添えてお花を送ったり、ぬいぐるみを付けたりされる方も増えてきました。
特にウェディングの服装を身にまとったぬいぐるみは非常に人気があるので喜ばれる新郎新婦の方も多いです。
しかし、上司の結婚式の場合はモダンな物を選び、刺繍が施されている祝電や飾り物を送ったりと上品な物を選ぶと良いでしょう。
肝心なメッセージの内容はなるべく短めにまとめておき、しっかり読んでほしい場合は違う手紙を同時に添えておくと良いでしょう。
この際は必ずスタッフの方に一報入れておきましょう。
これから祝電を送る予定の方は、どのような種類ががあるのか探してみてはいかがでしょうか。



長い人生ですが、節目ごとに祝電をつかうことが大切

人として生まれ落ちた日から、最後の日を迎えるまで、最大限の努力を惜しまないで、与えられた人生を全うすることが大切です。
長い人生は、山あり谷ありです。
順風満帆なときもありますし、恋人からふられてしまって、失意のどん底にあえぐ日々だってあります。
このように、長い人生ですが、節目ごとに祝電をつかうことが大切ではないでしょうか。
少しだけ、振り返ってみましょう。
まず、頭に浮かぶのは、地方国立大学を受験した時に、大学の学生さんたちが祝電配達のアルバイトをしていたので、お金を支払って祝電依頼をしました。
運よく一発で合格でしたが、友達は全員落されていました。
競争率は5倍を超えていました。
あの日我が家に届いた電報は、一生涯、忘れることができません。
冠婚葬祭は、人生のくぎりですから、電報で締めくくるのも道ではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー